国内外商業開発 / 商品開発 / 業態開発
                     

ちょっと休憩 contents

 
ジャーナリストとして恥じることはないのですか?
 
ちょっと前の、テレ朝報道ステーションでの古賀さんと古舘さんの会話。ああした、欧米では起こりえない、どうでもいいような首を傾げるやり取りが商業メディアの本質を表しているのでしょう。
 
さて、フランスのジャン=ポール・ジョー監督は、映画「Tous cobayes?」の中で、カーン大学が2年間にわたって行った「モンサント社が生産している遺伝子組換(GMO)食品は癌腫瘍発症などの毒性を持つ」というラット実験の衝撃の映像を捉えています。
 
監督は「映画を公開すれば、モンサント社からの妨害を受ける恐れがあるので、カーン大学の2年間のラット実験結果の真実を、公開前にマスコミが報じてから映画を公開することを考えている。」と2012年5月に語り、その発言の通り、映画公開に合わせて、ルモンド紙などのマスコミが一斉に、カーン大学の実験結果を報道し、癌腫瘍のできたこのラット写真を掲載した。
 
ところが、日本のマスコミはまったく報道しなかった。
 
 
 
 
この問題について、当のモンサント社は、ネズミには腫瘍ができても、人間にはできないと主張して片づけていて、いつものように、日本政府はそれに追随しているのでメディアも核心には迫らない。
 
ベトナム戦争で使われた枯葉剤が、奇形など様々な人体への毒害を与えたのはご存知のとおりです。これを製造したのもモンサント社です。同じ成分を持つ除草剤に耐性を有するバクテリアを使ってどうこうしているのですから、何も起きない方が不自然です。
 
GMO作物が有害だとされる理由については既にお話したとおりです。
 
問題は、私たち日本人が、コーン油、大豆油、キャノーラ油、綿実油、ブドウ糖果糖液糖、マヨネーズ、ドレッシング、コーンポタージュ、アイスクリームなど、全て輸入した遺伝子組換作物ラウンドアップレディーを原料とした商品を摂取し続けているという現実です。
 
(MyNewsJapanウェブサイト)
 
GMOキャノーラ油は殺虫剤
「イヤー・ラウンド・ペスティサイド・オイル」という米国の害虫駆除剤の注意書きには、『­万一、皮膚についたら、直ちに水で15~20分­洗ってから毒物管理センターに電話してください。』と書かれているそうです。驚くべきことに、この害虫駆除剤の成分の96%は、米国のスーパーで売られているGMOキャノーラ油で出来ています。
 
 
私たち消費者が、GMO飼料をたっぷり食べて育った牛豚鶏の牛肉、豚肉、鶏肉を毎日食べ続けているという現実です。
 
消費者を欺いた表示によって、GMO食品ではないと思って食品メーカーにダマされて、選択肢なく買わされているという現実です。
 
カーン大学の実験結果、ルモンド紙の報道、この映画などについて、批判的な記事もありますが、問題は、是非を争うことではありません。
 
有害性が無いと主張する方は、どうぞいくらでも食べ続ければいいのです。誰もあなた方の嗜好におせっかいな口出しなんかしていません。
 
市場には、あなた方とは反対に、有害だから摂取したくないという消費者もいるのです。その消費者が、摂取したくないのでGMO食品かどうか一目瞭然に判るように表示してくださいと主張しているのです。
 
消費者にとっては、ごく常識的な主張です。
 
デンマークなどEUの食育先進国では、明確に判断できるように表示されています。どうして、EUでは、子供が見てもGMO食品だと判る表示が、わざわざGMO食品ではないように間違わせるような表示にしているのですか?
 
日本のマスコミの方々、難しい問題を解かりやすく解説するのを売りにしている方々、どうして、この危険な現実を消費者がよく分かるように解説しないのですか?
 
日本の子供たちが、毎日毎日、GMO食品を食べ続けています。そんな国に未来なんてあるでしょうか?
 
おかしな国です。おかしな政治です。おかしな国民です。
 
そうさせている大きな責任は、この国の商業メディアにあります。
 
改めてお尋ねします。
 
ジャーナリストとして恥じることはないのですか?
 
既得権企業の更なる利益を生み出すためのオリンピックなんてもののために、浪費するお金と時間や暇があるのなら、福島やその周辺や沖縄や全国の、助けや理解を必要としている国民のために、1%の国民のためではなく、99%の国民のためにお金と時間と慈悲を使わないのですか?マスコミ関係者の皆さん、スポーツ関係者の皆さん、大物といわれる牙をぬかれたタレントや芸人の皆さん・・・
 
 
フランス映画ですが、懸命に制作された作品です。見ましょう。映画では、福島原発事故問題も捉えた映像もあります。
 
1:25:25▶インタビューに応えた日本人女性の意見です。
 
「日本国民は怒りも勿論あるけど、もう、あきらめの方が多いんじゃないかなって思います。政府はやっぱり事故が起きた時から嘘ばっかり言ってるし、子供を守ろうとしないこの国は許せない。ノーと言わないことはイエスと同じだから、今までもっともっと大きな声で原発反対と言わなければいけなかった・・・」
 
私たちは、真剣に彼女たちの心の叫びに耳を傾け、日本人全体の見過ごしてはいけない重要な問題として討議し克服しなければならないのではないでしょうか?
 
 
 


 トップページ
 外食業界市場動向
 関東主要商業施設
 主要SC推計売上高
 ちょっと休憩
    TPP ドタバタ劇
    IR構想復活
    豊洲市場虚偽説明発覚
    築地移転延期
    小池東京が面白い
    サンドウィッチと鉄火巻の共通点
    アメリカ大統領選
    1億総活躍社会
    春うらら
    国民だって疲れるわ
    乳がん急増と食生活
    百歳のジャーナリスト
    TPP見送り
    羊が吠えた
    中東呼吸器症候群
    ロッテとゲーテ
    商業メディアの腐敗
    今日はTVを見ない
    地球の日
    大腸ガンがトップ
    セイレーンと人魚姫
    人の君子は天の小人
    フィクションの繭
    天の網
    ブラックカード
    間一髪
    マーガリン販売禁止
    牛乳有害説に困惑
    イスラーム国
    Union J危機一髪
    謎と秘密の国スイス
    ニューミセラ
    癌死亡率日本>米国
    ロマーノに学べ
    ライオンの歯の効能
    常識は盲信するな2
    常識は盲信するな3
    マダムタッソー
    ブラック企業大賞
    中米需要激増中
    CS2強の氷とポット
    天狗の時代考証
    パンケーキ文化
    伝説のデザート
    喫茶市場の2強
    米国の腐敗
    新世界秩序
    タイタニック沈没の謎
    99%の奴隷
    イルミナティ陰謀説
    見えざる支配 7
    見えざる支配 8
    見えざる支配 9
    見えざる支配 10
    見えざる支配 11
    見えざる支配 12
    見えざる支配 13
    オルタナティブファクト
 メールコーナー
 TOPICSA
 TOPICSB
 TOPICSC
 TOPICSD
 TOPICSE
 TOPICSG
 TOPICSH
 TOPICSI
 TOPICSJ
 TOPICSK
 ピックアップビデオ
 SHOP エムケーマート
 業務用冷凍生地
 お支払/送料について
 問い合わせ

 
  
  
  
  
   
 
  
  
   
  
  
JFK暗殺
残忍冷酷はマーチャントバンカーへの褒め言葉パート

 the truth about sugar

 The Truth About Food

 
 
 La Isla Bonita
 Je T'aime
 André Rieu
 Tango - Roxanne
 Air on G String
 
カーン大学腫瘍誘発を立証発表
MyNewsJapanウェブサイト)
  
 
The end of food
 
Super Size Me
30日間マクドナルドを
食べるとどうなる?
 
Today's Modern Food
 
スーパーの秘密 
 
ファストフードの闇 
 
マクドナルド帝国
 
広告vs実物
 
食品の本当
 
 危険な10の遺伝子組換作物
 
死の種
 
栄養学校で習った8つの神話
 
甘い砂糖の苦い真実
 
砂糖の秘密
 
コカコーラのお話
 
コカコーラの歴史
 
コカコーラ秘密の製法
 
モンサント製品使用会社
 
テークアウト
 
キングコーン
 
中毒性食品の科学
 
 核の悪夢
 
核廃棄物処理
 
ガン産業
 
GMOへの警鐘
 
 
     
                 
       

  

  Copyright (c) 2012 - 2017 CONSULTANCY M&K INC. All Rights Reserved.