国内外事業開発                                                                             
         

 ちょっと休憩 contents  
 
喫茶市場の2強

 
ドトールコーヒーとスターバックスコーヒー。この2社で喫茶店市場規模の約17%を占めています。それまでの喫茶店の概念を大きく変えてコーヒーショップという業態をつくりあげたドトールコーヒーが原宿駅前にドトールコーヒーショップ1号店を出店したのは1980年(昭和55年)でした。
 
2012年2月末のドトール全業態の日本国内店舗数は1397店内FC1078店、2012年2月期売上高は約660億円、経常利益約38億円売上比率5.7%となっています。
 
片やスターバックスコーヒーは遅れること15年、1995年(平成7年)にエスプレッソやカフェラテを主力商品とするシアトルスタイルカフェとして上陸しファッション的感性に共感した若者や女性の支持を得て喫茶店市場を席巻しました。
 
2012年3月末の日本国内店舗数は955店内FC39店、2012年3月期売上高は約1077億円、経常利益約80億円売上比率7.5%となっている次第です。
 
今日は、この喫茶店市場の2強についてお話しましょう。皆さんは其々の社名の由来をご存知ですか?ドトールの「DOUTOR」というのはポルトガルト語で「博士」という意味ですね。ドトールコーヒー創業者の鳥羽博道さんは20歳の時にブラジルへ渡り、
 
サンパウロ州のコーヒー園で働きながらコーヒーのあらゆる知識と技術を習得したそうですが、その頃の鳥羽さんの住居がドトールピントフェライス通りに在ったそうです。この通りの名称はブラジルの法学界に貢献したピントフェライス博士を称えて付けられました。鳥羽さんはブラジルでの苦難を忘れないようにと思い通りの名称の一部をとり社名をドトールにしたそうです。
ロゴマークの文字の真ん中の線はコーヒー豆をイメージしたデザインでTとRの間のOの色を変えて傾けているのはアクセントを置かせて綴りの似た単語と間違わないるための工夫だそうです。
 
では、スターバックスの由来はというと、シアトル…港町…太平洋…漁…? 閃きましたか?そうですね。ハーマンメルヴィルの「白鯨」のスターバックですね。ロマン的でもあり航海士スターバックのように冷静沈着な事業推進を願ったのでしょうか。
 
ゴマークはギリシャ神話の2尾の人魚セイレーンだそうです。港町のイメージを表現しセイレーンがその美しい歌声で船乗りを魅了したようにコーヒーの香ばしさで消費者を魅了したいという願いを込めているそうです。
 
 
 
 
 
 
 


 トップページ
 ちょっと休憩
    賭場で産まれたサンドウィッチと鉄火巻
    春うらら
    中東呼吸器症候群
    ロッテとゲーテ
    商業メディアの腐敗
    地球の日
    大腸ガンがトップ
    セイレーンと人魚姫
    天の網
    ブラックカード
    間一髪
    マーガリン販売禁止
    牛乳有害説に困惑
    Union J危機一髪
    謎と秘密の国スイス
    ニューミセラ
    癌死亡率日本>米国
    ロマーノに学べ
    ライオンの歯の効能
    賢者は常識を盲信しない(1)若年性乳癌増加の原因
    賢者は常識を盲信しない(2)フードファディズム
    賢者は常識を盲信しない(3)本当は体に悪い8食品
    マダムタッソー
    消えた1番論議
    中米(ちゅうまい)を買い求める主婦が増加
    CS2強の氷とポット
    パンケーキ文化
    喫茶市場の2強
    ジープを売るパン屋さん
    フィクションの繭
 メールコーナー
 TOPICS 1
 TOPICS 2
 TOPICS
 TOPICS 4
 TOPICSG
 YUM YUM WORLD
 INVISIBLE
 PICUP VIDEOs
 Music 1
 Music 2
 SHOP エムケーマート
 業務用冷凍生地
 お支払/送料について
 冷凍生地の送料
 問い合わせ

  

 JFK暗殺

 
残忍冷酷はマーチャントバンカーへの褒め言葉
 La Isla Bonita
 Je T'aime
 André Rieu
 Tango - Roxanne
 Air on G String
 Represent Cuba
カーン大学腫瘍誘発を立証発表
MyNewsJapanウェブサイト)
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
     
                 
    ★  

  

  Copyright (c) 2012 - 2018 CONSULTANCY M&K INC. All Rights Reserved.