国内外事業開発                                                                             
         

ちょっと休憩 contents

 INVISIBLE  見えざる支配 番外
 
豊洲問題はIR構想実現の布石。。。?  
 
バッハと森の癒着ぶりを見ていると、オリンピックが安っぽく思えてくる。ゼネコンや電通を旗艦とする大手メディアの利権のためにオリンピックが利用されているだけかもしれない。
 
リオの閉会式での、阿部マリオに掛かった費用は12億円。組織委員会の支出だが、果たして12億円の価値があるのだろうか?このご時世になんとも気前のよいことだ。ロゴマーク疑惑、国立競技場設計疑惑 等々、何でもかんでも金がらみで電通が見え隠れする。なんとも下品な会社である。
 
IOC会長と聞こえはいいが、要するに、FIFA同様、IOCも国際金融シンジケートの一部なのだから、理念など形骸化しているだろう。あちらこちらで起きる裏金問題がそれを象徴している。
 
豊洲問題、オリンピック問題、すべてが臨海部の利権問題にリンクしている。そもそも、臨海部開発を臨海副都心と銘打って進めたのは鈴木俊一都政だった。しかし、青島幸男によって世界都市博の計画が中止され、湾岸開発は中断された。
 
時代は移り、青島に替わって登場した石原都政の下で湾岸開発が再稼働すると同時に利権の再構築が行われた。そうして、電通を中心とする臨海部メディア利権が確立し、臨海部五輪構想に至り、そのゴールはIR構想の実現であろうか。。。バブル崩壊で完全に壊れた官僚による日本支配システム。官僚のための垂流し特別会計歳入が行き詰まり一般歳入税収に頼るしかない官僚政権のアベノミクス。当然、一桁違うカジノ収入をあてにすることになる。
 
今回の豊洲問題に絡み、一度は消滅したかに思えたIR構想が復活するのも必然であろう。豊洲問題を利用して巨大なカジノ利権をめぐる駆け引きが始まっているようだ。
 
 
 
 
 


 トップページ
 ちょっと休憩
    賭場で産まれたサンドウィッチと鉄火巻
    春うらら
    中東呼吸器症候群
    ロッテとゲーテ
    商業メディアの腐敗
    地球の日
    大腸ガンがトップ
    セイレーンと人魚姫
    人の君子は天の小人
    フィクションの繭
    天の網
    ブラックカード
    間一髪
    マーガリン販売禁止
    牛乳有害説に困惑
    Union J危機一髪
    謎と秘密の国スイス
    ニューミセラ
    癌死亡率日本>米国
    ロマーノに学べ
    ライオンの歯の効能
    賢者は常識を盲信しない(1)若年性乳癌増加の原因
    賢者は常識を盲信しない(2)フードファディズム
    賢者は常識を盲信しない(3)本当は体に悪い8食品
    消えた1番論議
    中米(ちゅうまい)を買い求める主婦が増加
    CS2強の氷とポット
    パンケーキ文化
    喫茶市場の2強
    ジープを売るパン屋さん
 メールコーナー
 TOPICS 1
 TOPICS 2
 TOPICS
 TOPICS 4
 TOPICSG
 YUM YUM WORLD
 INVISIBLE
 PICUP VIDEOs
 Music 1
 Music 2
 SHOP エムケーマート
 業務用冷凍生地
 お支払/送料について
 冷凍生地の送料
 サービス概要
 問い合わせ

  

 JFK暗殺

 
残忍冷酷はマーチャントバンカーへの褒め言葉
 La Isla Bonita
 Je T'aime
 André Rieu
 Tango - Roxanne
 Air on G String
 Represent Cuba
カーン大学腫瘍誘発を立証発表
MyNewsJapanウェブサイト)
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
     
                 
    ★  

  

  Copyright (c) 2012 - 2018 CONSULTANCY M&K INC. All Rights Reserved.