国内外商業開発 / 商品開発 / 業態開発
                     

 
 
1960年代、米国の医療支出額は膨大になり危機感を抱いた米国政府は国の医療支出膨大化の原因調査を時の実力者ジョージマクガバンに命じました。そして1968年に米国人の食品摂取量と発病との因果関係を科学的に解明する目的でマクガバンを委員長とする米国上院特別委員会が設置されました。委員会は10年の歳月をかけて綿密な調査を行い1977年にマクガバンレポートと呼ばれた報告書を作成しました。報告書では米国人の牛肉や牛乳をはじめとする乳製品の日常的な摂取習慣が癌や心臓病などの深刻な病気の大きな原因になっていることが科学的に解明されたレポートとともに報告されました。しかし、この報告書は既得権益者の凄まじい抵抗によって闇に葬られました。
 
 
しかし、数十年の歳月を経てその事実が徐々に暴かれて、米国人は肉や乳製品の健康被害を周知するようになります。欧米式の食習慣になる前の日本や中国などのアジア人は癌や心臓病に罹る率が欧米人よりもはるかに少なかったという理由から大豆乳が取ってつけた理由で商業利用されるようになり、ベジタリアンを中心とした豆乳需要を誘引しました。ところが多くの菜食主義者が豆腐や豆乳を健康食品と信じ込んでしまって日常的に摂取した結果、それが主原因とされる深刻な健康被害が続々と報告されて大豆の健康被害が大きな社会問題になります。
 
 
こうして、欧米人の食に不可欠な牛乳に替わる大豆乳以外のミルク代替品への消費者需要が増大してさまざまな植物性のミルクが市場に供給されるようになりました。
 
先ずアーモンドミルクです。冷蔵庫の無い時代から米国ではカリフォルニアを中心に豊富なアーモンドを長期間保存可能な牛乳代替ミルクとして使用する食習慣が根付いていました。味も豆乳よりも美味しいのでアーモンドミルクの需要が伸びました。他にも、カシューナッツなどのいろんなナッツミルクやヘンプミルク、ココナッツミルクなどのプラントミルクが登場しましたが、安価で簡単につくれる低脂肪のライスミルクが多くのベジタリアンに消費されるようになりました。味覚的にはアーモンドミルクには敵わず、小売市場でも人気はアーモンドミルクが一番ですが、直接飲料にせず料理などに使用する食材としての需要は徐々に拡大しているようです。
 
企業利益が最優先されて消費者の健康被害は合法的に無視される日本では、企業の営利活動に不都合な食情報はよほどの問題が起きるまでは隠蔽されて消費者に伝えられないので、市場にアーモンドミルクやライスミルクが登場するに至るまでの背景を知らない消費者がほとんどですが、欧米の食事情に追随して競合店との差別化を図る外食業を中心に徐々に消費が拡大しています。ライスミルクはナッツミルクに較べれば元々美味しいものではありません。市販の調整品はさまざまな化学剤が添加されて味と成分が調整されていますから商品によっては健康食品としては疑問です。
 
 
牛乳、豆乳、アーモンドミルク、ライスミルク
いったいどのミルクを選べばいいの?
2014/03/25 に公開
Milk, Soy Milk, Almond Milk, or Rice Milk -- Which is Better? www.healthstandnutrition.com/milk-which-­is-better/
Managing milk choices & lactose intolerance: 
With so many different choices available to us in the milk section these days it can be challenging to know what to choose. How you answer the question "which is better?" depends on a few things such as food philosophy, taste, age and if you have an allergy or intolerance.  Passionate debates happen around this subject since food choices are very personal.  There is also a wide variety of nutrition myths when it comes to milk and soy milk that further complicate matters. The good news is that there is something for everyone as these beverages supply several nutrients the most important being calcium.
Why is getting enough calcium so important?
Regardless of which option you choose getting enough calcium is important for a few reasons:
BONE HEALTH Low calcium intake throughout life is a risk factor for osteoporosis or brittle bones. Over 30 years of research has shown that higher calcium intakes lead to greater bone gain during growth, reduced loss with age, and reduced fracture risk.
BLOOD PRESSURE LOWERING Calcium has been shown to lower blood pressure in adults and to reduce the risk of preeclampsia and high blood pressure during pregnancy. This effect was clearly demonstrated in the DASH study in which low-fat milk products lowered blood pressure sufficiently to reduce adverse cardiovascular outcomes by 25-30 %.
http://www.healthstandnutrition.com/m...
 
ライスミルクの作り方
 
 
 
 


 トップページ
 外食業界市場動向
 関東主要商業施設
 主要SC推計売上高
 ちょっと休憩
 メールコーナー
 TOPICSA
 TOPICSB
 TOPICSC
 TOPICSD
 TOPICSE
 TOPICSG
 TOPICSH
 TOPICSI
 TOPICSJ
    冷凍湯種ロール生地
    冷凍湯種食パン生地
    アーモンドミルクって本当にヘルシー?
    グルテンフリーは常識です
    The Myths and Facts About Soy Milk
    Forks over Knives
    The McDonalds Empire
    CHIP AND DALE
    Chapter 6 of The Whole Soy Story
    Seeds Of Death
    超簡単なクロナッツ
    パレオダイエット
    死のフードピラミッド
    米国肥満問題
    ロシアのスーパー
    北米市場でシルク好調
    食品中毒
    シュガー
    アルツハイマー病
    ファストフードベイビー
    食べ物の真実
    アルツハイマー病予防策
    ♪ コーヒーブレーク‥‥なるほど
    グルテンが有害な理由
    グルテンの真実
    今頃上陸クロナッツ
    スターバックスロースタリー
    ライスミルク
    37 million Bees found dead
    食の万魔殿
    小麦を食べてはダメ
    小麦パンは体に悪い
    マクドナルド考察 1
    マクドナルド考察 2
    マクドナルド考察 3
    マクドナルド考察 4
    FDA News Release 2015/6/16
    トランス脂肪全面禁止
    要注意添加物食品
    スタバの危ないドリンク
 TOPICSK
 ピックアップビデオ
 SHOP エムケーマート
 業務用冷凍生地
 お支払/送料について
 問い合わせ

 
  
  
  
  
   
 
  
  
   
  
  
JFK暗殺
残忍冷酷はマーチャントバンカーへの褒め言葉パート

 the truth about sugar

 The Truth About Food

 
 
 La Isla Bonita
 Je T'aime
 André Rieu
 Tango - Roxanne
 Air on G String
 
カーン大学腫瘍誘発を立証発表
MyNewsJapanウェブサイト)
  
 
The end of food
 
Super Size Me
30日間マクドナルドを
食べるとどうなる?
 
Today's Modern Food
 
スーパーの秘密 
 
ファストフードの闇 
 
マクドナルド帝国
 
広告vs実物
 
食品の本当
 
 危険な10の遺伝子組換作物
 
死の種
 
栄養学校で習った8つの神話
 
甘い砂糖の苦い真実
 
砂糖の秘密
 
コカコーラのお話
 
コカコーラの歴史
 
コカコーラ秘密の製法
 
モンサント製品使用会社
 
テークアウト
 
キングコーン
 
中毒性食品の科学
 
 核の悪夢
 
核廃棄物処理
 
ガン産業
 
GMOへの警鐘
 
 
     
                 
       

  

  Copyright (c) 2012 - 2017 CONSULTANCY M&K INC. All Rights Reserved.