国内外事業開発                                                                             
         

北米市場の売上高が遂に逆転
豆乳最大手のシルクブランド豆乳売上高を遂にアーモンドミルクが抜き1位

 
 
北米市場でブルーダイヤモンド社のアーモンドブリーズと市場シェア獲得競争を続けているホワイトウェーブフーズ社のシルクピュアアーモンドミルク。健康被害リスクが疑われているカラギナンが添加されているアーモンドブリーズに対してカラギナンを使用していないシルクピュアアーモンドミルクは北米市場の消費者ニーズに適合して年々売り上げを伸ばし2013年第4四半期も前四半期比50%増となり遂にアーモンドミルクの売上高が業界最大手のシルクブランド豆乳の売上高を抜きトップになりシルクブランドの全プラントミルク売上高の60%をアーモンドミルクが占めました。
 
年々健康被害報告が増加して市場が年々縮小を続ける豆乳ですが、どうやら市場縮小は決定的になったようです。欧州市場では既に急激に市場が縮小していますが、今後アジアなど食育が遅れている地域でも必然的に順次豆乳市場が縮小しアーモンドミルクを主にしたプラントミルク市場が拡大するでしょう。
 
ホワイトウェーブフーズ社は、北米での豆乳市場シェア74%、ココナッツミルク市場シェア64%、アーモンドミルク市場シェア53%の優位性を活かしたアーモンドココナッツブレンド、アーモンドミルクプロテインプラスファイバーといった新製品を次々と発売してプラントミルク市場における更なるシェア拡大を目指しているようです。
 
    
他社とちがい、元々、オーガニックにこだわって健康的な植物ミルクを売り出したホワイトウェーブフード社。豆乳原料大豆もGMO大豆を一切使用せず、アーモンドミルクもカラギナンのような健康被害リスクが疑われているような化学添加物は使用していない。その結果、消費者需要が増加。北米市場だけではなく欧州市場でも需要が順調に拡大している。アジアでは、日本を通り越して巨大市場中国で製造販売を開始する計画が進んでいるようです。


 トップページ
 ちょっと休憩
 メールコーナー
 TOPICSK
 TOPICSJ
    アーモンドミルクって本当にヘルシー?
    グルテンフリーは常識です
    The Myths and Facts About Soy Milk
    Forks over Knives
    The McDonalds Empire
    Chapter 6 of The Whole Soy Story
    Seeds Of Death
    超簡単なクロナッツ
    パレオダイエット
    死のフードピラミッド
    米国肥満問題
    北米市場でシルク好調
    食品中毒
    シュガー
    アルツハイマー病
    ファストフードベイビー
    食べ物の真実
    アルツハイマー病予防策
    グルテンが有害な理由
    グルテンの真実
    今頃上陸クロナッツ
    スターバックスロースタリー
    ライスミルク
    37 million Bees found dead
    食の万魔殿
    小麦を食べてはダメ
    小麦パンは体に悪い
    マクドナルド考察 1
    マクドナルド考察 2
    マクドナルド考察 3
    マクドナルド考察 4
    FDA News Release 2015/6/16
    トランス脂肪全面禁止
    要注意添加物食品
    スタバの危ないドリンク
 TOPICSI
 TOPICSH
 TOPICSG
 TOPICSD
 INVISIBLE
 Music
 Music 2
 SHOP エムケーマート
 業務用冷凍生地
 お支払/送料について
 冷凍生地の送料
 問い合わせ

 
  
 
JFK暗殺
残忍冷酷はマーチャントバンカーへの褒め言葉パート
 La Isla Bonita
 Je T'aime
 André Rieu
 Tango - Roxanne
 Air on G String
 
カーン大学腫瘍誘発を立証発表
MyNewsJapanウェブサイト)
 
 
 
 
  
 
 
 
 
     
                 
       

  

  Copyright (c) 2012 - 2018 CONSULTANCY M&K INC. All Rights Reserved.