国内外商業開発 / 商品開発 / 業態開発
                     

本物は本物 偽物は偽物
 ご質問
 市販のアーモンドブリーズは体に良いの?
 カラギナンは体に悪いの?

 
アーモンドブリーズがマスメディアの露出効果で消費者の関心を集めているようです。当社でも、日本の食市場進化の一つの節目と捉え、植物ミルク市場を考察してきましたが、9月23日の発売以後、試飲された方々から沢山のレビューやご質問を頂戴しています。レビューはさて置き、多かったご質問は「本当のアーモンドミルクは体に良いようですが、今回発売された製品はどうなのでしょうか?」、「ご指摘のようにカラギナンが添加されてますが本当に有害なのでしょうか?」の2つです。
 
ご質問にお答えします。
 
9月23日にアーモンドブリーズが発売されました。飲まれた皆さん、お味はいかがでしたか?当社関係者のレビューをまとめると、全員が不味い、特にアーモンドミルクオリジナルの味が×××とレビューしました。
 
 
さて、身体に良いか?のご質問ですが、皆さんはこの製品を何の目的で飲まれるのでしょうか?市販の牛乳や豆乳が体に有害だと思ったので代替品として飲むという方々には、欧米で起きている現象のごとく牛乳や豆乳よりはましだと思います。
 
しかしながら、アーモンドミルクが高栄養価低カロリーで美容健康にとっても効果的な食品だという理由で日常摂取しようと思っている方々は、ご自分でアーモンドミルクを作ることをお勧めします。
 
カラギナンの問題も絡みますが、カラギナンが有害か否かという前に、何故、このようなリスクのある糊料を添加しなければいけないのでしょうか?理由は、市販製品がアーモンドの量が極端に少なくて薄くて本物のような濃さが無いからです。当社でアーモンドミルクを作る際のアーモンドと水の量の割合は1:1です。それに甘味を加えるのにデーツを入れます。材料はこの3つだけです。それだけでとっても美しい滑らかな美味しいアーモンドミルクが完成します。
 
お分かりでしょうか?本物のアーモンドミルクを作っていないから怪しい化学物質をたくさん添加するのです。製品名はアーモンドミルクですが、本物の美容健康に効果があると言われているアーモンドミルクとは違う食品です。
 
オレンジジュースといっても色は昆虫から作った着色剤を使い、味も化学品で人工的につくったものがほとんどです。このアーモンドミルクもいっしょです。缶ココアと同じで人工的に液の粘度をつくるためにカラギナンを入れます。美味しくないから人工的にチョコレート味やコーヒー味にするのです。その典型が豆乳です。古来、豆腐作りの過程で捨てていた自然毒を含んだ廃液の混ざった豆乳を摂取する習慣などまったくありませんでした。元のミルクがおいしくないから化学品をどっさり入れて〇〇味にしてごまかさないと売れないのです。自然毒を含んだ生大豆を食べると痙攣や嘔吐などの胃腸障害が起きることを知っている方々は、常識的に自然毒を除去していない豆乳など口にしません。同じように、カラギナンのような人体への有害性が疑わしい物質を添加して風味を人工的に作った偽物は美容にも健康にも最適な高栄養価の本物のアーモンドミルクとは似ても似つかない製品だということです。
 
ですから、アーモンドブリーズ記事の中で料理研究家のジョイヒューストンさんがアーモンドブリーズ摂取を嫌うように13の添加物が混入した人工ミルクは本物のアーモンドミルクとは別物です。
 
カラギナンについては日本でも米国でもヨーロッパでも食品添加物として使用することが許可されています。但し、危険だと警鐘を鳴らす科学者が多々おられます。従って、自己選択自己責任です。自分で情報を集めて自分なりの備えをするだけです。
 
申し上げた通りで、私は今の市販製品はどんなに美味しくてもどんなに安くても飲みません。アーモンドミルクは自分で作って飲みます。しかし、仮に本物のアーモンドミルクがコンビニエンスに買えるようになったとしたら、自分が作るのと同じくらいのコストだったら常用します。
 
今回の製品が体に良いかどうか?カラギナンが悪いかどうか?というのは本末転倒なご質問だと由事です。本物のアーモンドミルクが美容健康体に良いのはあたり前のことで、カラギナンなど添加する必要がありません。
 
本物のアーモンドミルクをイメージさせるパッケージと無責任なタレントさんのCM。偽物だらけの日本の食市場。未来の日本を支える子供達のためにも、そろそろ消費者がクレバーに食品を選別できるようにならないと進化どころか退化が止まらないのではないでしょうか。
 
関連記事
 
 
 
 
 
 
 


 トップページ
 外食業界市場動向
 関東主要商業施設
 主要SC推計売上高
 ちょっと休憩
 メールコーナー
 TOPICSA
 TOPICSB
 TOPICSC
 TOPICSD
 TOPICSE
 TOPICSG
 TOPICSH
 TOPICSI
    食品添加物
    食中毒2大微生物
    ココナッツ
    ワーストフード10
    ライアンマーフィー
    
    ナッツミルク製造器
    ダニエル女史の警鐘
    セリアック病
    豆乳を捨てる時
    農務省に物申す
    植物ミルクの比較
    パラダイムシフト
    美味しい伝説の魔女
    カラギナンⅠ
    カラギナン Ⅱ
    アーモンドブリーズ考
    恐怖の収穫
    GMO食品の現状
    11次元の膜宇宙
    食品問題と既得権
    魔法の米粉
    冷凍ナポリ風ピザ生地玉
    毛孔性角化症
    ピザハットもGFピザ
    FDA RELEASE
    家の食事は大丈夫?
    ♪ コーヒーブレーク ‥‥ニューミセラ
    MONEY錬金術
 TOPICSJ
 TOPICSK
 ピックアップビデオ
 SHOP エムケーマート
 業務用冷凍生地
 お支払/送料について
 問い合わせ

 
  
  
  
  
   
 
  
  
   
  
  
JFK暗殺
残忍冷酷はマーチャントバンカーへの褒め言葉パート

 the truth about sugar

 The Truth About Food

 
 
 La Isla Bonita
 Je T'aime
 André Rieu
 Tango - Roxanne
 Air on G String
 
カーン大学腫瘍誘発を立証発表
MyNewsJapanウェブサイト)
  
 
The end of food
 
Super Size Me
30日間マクドナルドを
食べるとどうなる?
 
Today's Modern Food
 
スーパーの秘密 
 
ファストフードの闇 
 
マクドナルド帝国
 
広告vs実物
 
食品の本当
 
 危険な10の遺伝子組換作物
 
死の種
 
栄養学校で習った8つの神話
 
甘い砂糖の苦い真実
 
砂糖の秘密
 
コカコーラのお話
 
コカコーラの歴史
 
コカコーラ秘密の製法
 
モンサント製品使用会社
 
テークアウト
 
キングコーン
 
中毒性食品の科学
 
 核の悪夢
 
核廃棄物処理
 
ガン産業
 
GMOへの警鐘
 
 
     
                 
       

  

  Copyright (c) 2012 - 2017 CONSULTANCY M&K INC. All Rights Reserved.