国内外事業開発 
         

  ちょっと休憩 contents

 
中米が人気な理由
安くて美味しいと内食用の中米消費量が年々増加中!
 
「ちゅうまい」と読みます。外食、中食には欠かせない中米でしたが、近年のネット通販の進化に伴い、その品質の良さと低価格が需要を喚起して定期的に購入する一般消費者が年々増え続けています。
 
 
米の分類は米粒の大きさで上米・中米・下米に区別する方法があります。
収穫した米を直径2ミリ以下の網目で振るいにかけて網に残った米粒が上米です。上米の直径サイズはそれぞれの産地組織や販売組織が決めます。現在は直径1.85ミリ以上の米を上米とする産地が多いようです。
 
最初の振るいで落ちた米を再度網目の直径1.7ミリの網で振るいにかけて網に残った米粒が中米です。下に落ちた米粒は網下米とか振るい下米と呼ばれて米粉に加工されてお菓子の原料などに使われます。法律では、食用粒米として販売できるのは上米と中米と決められています。
 
お米の大きさが直径1.85ミリ以上の米粒の揃ったものを正規米と称します。
1.85ミリより小さい中米を未検査米と呼びます。未検査米は直径1.85ミリ未満の食用粒米で農産物検査を受けていないお米のことです。正規米以外の粒米は農産物検査をしないと決まっていて、この未検査米は産地・産年・品種名を表示できないことになっています。しかしながら、食味や品質は検査米とまったく同じで、検査を受けていない分コスト安なので低価格販売ができるというワケです。 
 
商品によっては、同じ中米でも品質に差があります。写真の中米に白濁粒が混じっているのが分かりますが、この白濁粒が多いほど価格が下がります。写真の正規米と比べても僅かに小さく思うくらいですね。もともと食味も品質も同じお米ですから炊くとまったく同じにしか思えません。
 
そんな理由で、一度購入した消費者の大半がリピータになるため、中米の消費量が毎年増え続けているのです。販売者によると商品によっては入荷したとたんに売り切れるのもしばしばだとゆうことです。百聞は一見に如かず。皆さんも一度お試しになってみたらいかがですか。
 
 


 トップページ
 ちょっと休憩
 メールコーナー
 TOPICSK
 TOPICSJ
 TOPICSI
 TOPICSH
 TOPICSG
 TOPICSD
 SHOP エムケーマート
 業務用冷凍生地
 お支払/送料について
 冷凍生地の送料
 問い合わせ

 
  
 
JFK暗殺
残忍冷酷はマーチャントバンカーへの褒め言葉パート
 La Isla Bonita
 Je T'aime
 André Rieu
 Tango - Roxanne
 Air on G String
 
カーン大学腫瘍誘発を立証発表
MyNewsJapanウェブサイト)
  
 
 
 
 
     
                 
       

  

  Copyright (c) 2012 - 2018 CONSULTANCY M&K INC. All Rights Reserved.