国内外事業開発 
         

 ちょっと休憩 contents 

 
マダムタッソー平成お台場バージョン開業
 
 
3月15日、お台場のデックス東京ビーチにマダムタッソー常設館がOPENしました。1996年の開業時から東京ジョイポリス、台場一丁目商店街、台場小香港、レゴランドディスカバリーセンター東京などのテーマパークやテーマ型店舗で集客を図っていますがもうひとつ・・・ということで原点回帰でしょうか。昭和45年に開業の東京タワー蝋人形館の平成お台場バージョンといったところです。
 
蝋人形館の業態考案者は1835年にロンドンベイカーストリートにマダムタッソー館を創設した蝋人形彫刻家マリータッソーです。現在では米国、欧州、東南アジアの各地で開業しています。
 
マダムタッソー(1761-1850)の時代には今のシリコンや特殊メークやコンピューターの技術は無かったのですから、マダムが現代の人形館を見たらさどかし驚くでしょうね。
 
昭和45年にはパソコンどころかワープロもありませんでした。私は学生でしたが英文を作成するのにオリベッティのタイプライターをカシャカシャ打っていました。商社に入って初めて電動タイプライターを使った時に指先のタッチが馴染まなかったのを覚えています。当時はEメールや携帯電話なんてのはSF話で、それらしき物を持っていたのはジェームズボンドぐらいの時代です。外為の英語担当で入社したので後輩ができるまでは夕方になると上司の方々から海外との交信英文書がいっぱいプレゼントされました。それをテレックスのリボンを打って電信するのが日々の仕事の締めでした。
 
そんな時代ですからリアルな蝋人形も人気を博したのでしょうね。映像であらゆる仮想世界を体験出来てしまう現代、見てみたいのは本物の宇宙人くらいなんて今日、どこまでの集客が期待できるのでしょうか。触れる、一緒に写真を撮れるという集客を狙った企画コンセプトは良いですね。携帯電話を上手に利用した企画だと思います。さて、どうなるのでしょうか。 
 
 


 トップページ
 ちょっと休憩
 メールコーナー
 SHOP エムケーマート
 お支払/送料について
 冷凍生地の送料
 問い合わせ

 
  
 
JFK暗殺
残忍冷酷はマーチャントバンカーへの褒め言葉パート
 La Isla Bonita
 Je T'aime
 André Rieu
 Tango - Roxanne
 Air on G String
 
カーン大学腫瘍誘発を立証発表
MyNewsJapanウェブサイト)
  
 
 
 
 
     
                 
       

  

  Copyright (c) 2012 - 2018 CONSULTANCY M&K INC. All Rights Reserved.